家族との日常を日記代わりに書いていきます。


by pappoaitart

ドアの開けっ放しがなくなった

少し前、長女はほぼ毎回、リビングの出入り口を開けっ放しで出入りしていました。
せっかく温まっていた部屋に急に寒い風が入り込むので、何度も注意してきましたが、一向になおる気配がない。

pappoは「何度言ったらわかるんだ」「この前も言っただろ」「人の話を聞いてるのか?」と叱ったり、「いいかい、ドアを開けっ放しにすると、中に居る人は寒いんだよ」と実演して見せてみたり、いろいろやってみましたが、その時は「わかった」と返事するものの、しばらくするとまた同じことを繰り返す。。。

一体、どうすりゃいいの?
と思っていました。

ついには、まだ無邪気な子どものこと、いずれ自分で納得して、自然にやらなくなるだろう。。。と自分に言い聞かせたり、子どもは一回で言い聞かせてわかるものではない、根気よく何度も言い聞かせていくことが大切だ、と書かれた本を読んで、そうだよなぁ。。。と納得してみたり。。。

ところが、そんなpappoがある日、長女のドアの開けっ放しをピタッとやめさせることに成功したのです。
それは、あべまさいさんというプロのコーチが書いた「おかあさまのためのコーチング」という本に書いてあった内容です。
さてさて、pappoがこの本を真似て、どのようにして長女の悪い癖をピタッとやめさせたか、ご紹介いたします。

長女はほぼ毎回、ドアを開けっ放しにするのですが、10回に1回ぐらいの割合でちゃんと閉める時があります。
本には、普段からよく観察し、そのチャンスを見逃すな、というようなことが書いてありました。
なので、pappoも長女の様子をなんとなく気にかけていました。

ある日、長女が部屋の外に出て行く時にpappoは用があって、長女の後ろをついて行ったのですが、長女は知ってか知らずか、その時、ドアをちゃんと閉めました。
pappoは心の中で「キター」と叫びました。
そして、長女に「今、ちゃんとドアを閉めたね。偉いぞ」と言いました。

長女は一瞬きょとんとして、それから何かしら誇らしげな表情を浮かべました。

それからは一度もドアの開けっ放しは起きていません。

本には、「ちゃんとやった時は何も言われず、やらなかった時だけ叱られる」という子どもの不満が紹介されていました。
考えてみると全くその通りです。
親は、やってない時だけ見つけて叱りますよね。
でも、本当はちゃんとやった時に、認めて誉めてあげればいいんだと、そう書いてありました。
そうすれば、一度で直ると書いてあったので、pappoはさすがに一度でというのはちょっとオーバーだろ、と半信半疑だったんですね。

でも、試してみてビックリ。
ホントに一度で直ってしまいました。

ただ、部屋の片付けのような複雑な作業になると、中々こうはうまくいかないのではないかと思います。
やろうと思っても手順がわかりにくいだろうと思うからです。

なので、親が事前に片付けの手順を何度か教えておくとか、簡単に片付けられるような工夫をするとか、そういうことがまず必要だと思います。

簡単なこと、本に紹介されていたのはタオルをきちんとかける、ということでした。
そういうすぐにできて、習慣になるような作業であれば、効果がバツグンだと思います。
[PR]
by pappoaitart | 2009-01-14 10:47 | 話した